老眼かなと感じたら【初期症状として起こりやすい目の疲れ】

老眼

ピント調節機能の衰え

老眼になる原因は水晶体の機能の衰えによる物で、4従事する仕事など目の使用状況で個人差がありますが、40代位から近くの物が見えづらくなるなどの初期症状を自覚するケースが一般的です。しかし実際は水晶体の老化は10代の時点から始まっています。

身体の中からケアしよう

老眼

有効成分をチェック

老眼の初期症状が始まるのは40歳を過ぎてからと言われていますが、パソコンやスマホで目を酷使する人が増えたことで、30代でも初期症状を感じる人も増えています。初期症状は目が疲れやすいといった眼精疲労なので、自分が老眼になっていることを知らない若い年齢の人も少なくありません。普段から目を酷使することが多く、なおかつ眼精疲労を感じやすくなったという人は、老眼の初期症状だと考えて早めにケアするようにしましょう。老眼は加齢による生理現象ですので誰にでも起こりうることですが、ケアをすることで進行を緩めることもできます。老眼ケアの1つとしておすすめしたいのが、目に良い有効成分を意識的に摂取する身体の中から行う対策法です。老眼対策として意識して摂取したいと言われているのはルテイン・アスタキサンチン・ビタミンB1といった成分です。ルテインは目の水晶体に元々ある成分で強い抗酸化作用があると言われており、市販されている目のサプリメントにも多く含まれています。アスタキサンチンもルテイン同様、抗酸化作用に優れた成分で目のピント機能を調節する作用を改善する効果が期待できます。老眼の初期症状として起こりやすい目の疲れ対策として、筋肉の疲れを和らげるビタミンB1の摂取もおすすめです。ルテインはかぼちゃやホウレンソウ、アスタキサンチンは鮭、ビタミンB1は豚肉など身近な食品に含まれているので、毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょう。

メガネと書物

いつかは誰もがなるもの

老眼は年齢と共にやって来るものです。病気ではなく体の衰えからやって来るもので、誰もがなるものになります。初期症状には細かい字が読みにくく、また焦点があいにくくなります。疲れ目などは、悪影響を与えることになりますので注意が必要です。

老眼

見えづらいを防ぐには

近くの物が見えづらいというのは、老眼の初期症状である可能性があります。そのままにしておくとさらに見えづらくなるので、目にいい成分を多く含む食材を積極的に食べるようにしましょう。サングラスをかけて紫外線を防ぐのも効果的です。

視力検査

セルフチェックをする

老眼の初期症状は誰もが認めたくないものですが、放置していると眼精疲労や体の不調を引き起こすこともあります。近年は老眼の現れる年齢が早まっている傾向があるので、少しでも兆候を感じたら眼科で検診を受けるようにしましょう。

メガネと書物

予防法を生活に取り入れる

老眼の初期症状は、小さい字がぼやけて読みづらく感じることであらわれます。放置すれば若いうちに老眼になる傾向があり、普段から予防していくことが大切です。予防法としてでは目に良い成分を、普段の食生活から摂取することで行えます。

Copyright© 2019 老眼かなと感じたら【初期症状として起こりやすい目の疲れ】 All Rights Reserved.