老眼かなと感じたら【初期症状として起こりやすい目の疲れ】

いつかは誰もがなるもの

メガネと書物

加齢によって起こるもの

年齢を重ねることで、疲れを感じることが多くなって来ると思われます。体の疲れ同様に目にも疲れを感じていることを、忘れてはいけません。痛みを感じなくとも、眼精疲労と言う状態に陥っていることが多くなります。新聞や雑誌の文字が読みにくい、字がぼやけて見えるようになった時などは目の疲れを特に感じることになると思われます。ですが年代が30歳をすぎ40歳の頃にこの状況になった人は、疲れ目だけでなく老眼の心配をする必要があります。初期症状として細かい字が読みにくくなっただけでなく、遠近の距離を合わす時に時間がかかるようになった時には危険信号が灯っていると考えて良いと考えられます。朝起きて新聞を読もうとした時、以前より離れて読むようになって来るはずです。また初期症状では、暗い所での字も非常に見にくくなってしまいます。物を見ることに不都合なことが多くなり、すぐにピントを合わせることが出来ず目線の先がハッキリ見えるまで時間がかかるようになります。目の調節機能が衰えることからなるもので、これは病気ではありません。初期症状としてレンズの役目をしている水晶体が年齢と共に硬くなって来たことが原因となります。水晶体が硬くなったことで弾力性がなくなり、調節に時間がかかってしまうと言うことです。この状態になると老眼の初期症状と言われるようになります。日頃から目がかすむとか目が疲れると感じる人は、老眼の心配をすべきです。ですが目をいたわることで老眼への進行を遅らすことも可能です。疲労やかすんだ状態のままでいるより、目を休める努力をすることも大事なことになります。

Copyright© 2019 老眼かなと感じたら【初期症状として起こりやすい目の疲れ】 All Rights Reserved.