老眼かなと感じたら【初期症状として起こりやすい目の疲れ】

見えづらいを防ぐには

老眼

目にいい食材などで対策を

近くの物が見えづらいと感じたら、それは老眼の初期症状かもしれません。人間の目にはピントを調節する機能が付いていますが、40歳を過ぎたあたりから徐々に働きが低下し、こうした初期症状となって現れます。もしもいつもと違う見え方に感じたら、早めに対策を取ることをおすすめします。効果的な対策法としては、目にいい食べ物を摂取することです。例えば人参やかぼちゃに含まれているルテインは、水晶体に多く存在する成分です。緑黄色野菜をしっかり食べることは、目の健康を維持して老眼の初期症状を防ぐのに役立ちます。ピントを調節する機能に良いとされているのが、アスタキサンチンという成分です。カニやエビなどの甲殻類に多く含まれる成分で、抗酸化作用が強いことでも知られています。物を見るときには、目の筋肉も収縮を繰り返しています。目が疲れるという感覚はこの筋肉が疲労していることを意味するため、疲労回復に効果のあるビタミン類を摂取するのも良いでしょう。特定の食材ばかり食べると偏食につながるので、バランスの良い食事を心がけた上で目のことを考えた栄養補給をおすすめします。見えにくくなるという初期症状は、目の水晶体が硬くなることも影響しています。硬くなる原因にはいくつかありますが、太陽の光に含まれる紫外線もその一つです。晴れた日に外出するときは、紫外線が目に入らないようにサングラスをかけるのも老眼の対策になります。見えにくいまま生活するのは大変です。無理をせず、老眼鏡をかけるようにしたほうが快適な暮らしを送れるようになります。目への負担を減らせることから、進行を防ぐのにも役立ちます。

Copyright© 2019 老眼かなと感じたら【初期症状として起こりやすい目の疲れ】 All Rights Reserved.