老眼かなと感じたら【初期症状として起こりやすい目の疲れ】

ピント調節機能の衰え

老眼

水晶体の硬化

老眼は、目のピント調節機能の衰えによって近くの物にピントが合わなくなる症状で、中年期になると徐々に初期症状が出始めるのが一般的です。老眼になる原因となるのは、目のピント調節機能を司る水晶体が加齢と共に硬くなる事が挙げられます。それによって、水晶体を吊っている毛様体小帯の動きが十分に水晶体に伝わらず、水晶体の厚みを変える事が出来ずピントが合わなくなると言う訳です。老眼の初期症状としては、近くから遠く、遠くから近くと距離の違う物に対するピント合わせにタイムラグが生じたり、近くの細かい文字が見えづらくなるなどがあります。具体的にはスマホの画面や新聞の文字を見る際に、若い時と比べて目から離さないとピントが合って来ないなどの症状は、老眼あるあると言えます。また細かい手作業やパソコンのオペレーターなどの仕事に従事する人は、老眼の初期症状を早い段階で自覚すると言うケースが多い傾向があります。従事する仕事など目の使用状況によって、老眼の初期症状を自覚する時期には個人差がありますが、40代が初期症状が現れだす一定の境目と考えて良いでしょう。しかし、初期症状を自覚する時期は40代ですが、実際には水晶体の老化は10代の時点から始まりだしています。老眼は加齢による機能の衰えが原因ですから、目にかかる負担軽減や目の血流に良い成分の摂取などを、日々の生活の中で意識する事で老眼の予防や進行の抑制に効果が期待できます。

Copyright© 2019 老眼かなと感じたら【初期症状として起こりやすい目の疲れ】 All Rights Reserved.