老眼かなと感じたら【初期症状として起こりやすい目の疲れ】

予防法を生活に取り入れる

メガネと書物

目に良い成分を与える

老眼を予防するためには、普段の生活習慣から取り入れて行うことが大切です。老眼の初期症状には、新聞などのような小さい字がぼやけて見えてしまうことがあります。疲労のためにぼやけて見えることもありますが、それはその時だけの症状となります。疲労しているとき以外でも字がぼやけて見えてしまうのであれば、初期症状が現れていることが考えられます。「どうせ初期症状だから、時間がたてば何とかなる」とそのまま放置する人もいます。しかし初期症状を放置しながら、目に負担をかけてしまう時間が多い場合は、若いうちから老眼になってしまう可能性が高まります。老眼といえば、おおよそ60代くらいから発症するのではないかと考えられていますが、現代ではパソコンやスマートフォンを利用する人も増え、50代や40代で発症する人も出てきています。若い時に発症してしまえば、その後いろんなことで不便に感じるようになるため、予防することがとても大切となります。その予防法は、目に栄養を与えることが1つの方法となります。目に良い成分といえば、よく知られているのがアントシアニンです。アントシアニンはブルーベリーに含まれるポリフェノールの一種です。ブルーベリー以外にも、カシスや紫芋、ナスにも含まれています。アントシアニン以外にもルテインやビタミン類も良いとされます。普段から野菜や果物を食生活に取り入れるだけでも、十分に目に良い栄養素を与えていくことができます。

Copyright© 2019 老眼かなと感じたら【初期症状として起こりやすい目の疲れ】 All Rights Reserved.