老眼かなと感じたら【初期症状として起こりやすい目の疲れ】

セルフチェックをする

視力検査

放置せずに診断を受ける

人は誰も、自分の老化を認めたくありませんよね。そのため、老眼の初期症状が現れても、気づかないふりをしている人も多いのではないでしょうか。しかし、老眼を放置しておくと目に負担がかかり、眼精疲労をおこしてしまいます。さらに悪化すると、頭痛や吐き気をおこすこともあるのです。そのため、近くの文字が見えにくい、夕方になると目がかすむなど老眼の初期症状を感じたら、まずは自分でチェックしてみることをおすすめします。チェックの方法は、目から10センチほど話したところに本を置き、徐々に目から遠ざけていきます。しっかりとピントが合った場所で止め、目から本までの距離を測りましょう。30センチ以上離さなければピントが合わない場合は、老眼の可能性があります。眼科で検診を受けるのがよいでしょう。老眼の初期症状を感じたら、なぜ眼科に行かなければいけないかというと、視力の低下が老眼ではない場合もあるからです。何か別の病気が原因で視力が低下していることもあります。深刻な病気が潜んでいるかもしれないので、必ず眼科で検診を受けましょう。また、近年は老眼の症状が現れるのが早まっている傾向があります。従来は40代になってから現れるものが、30代で初期症状を感じる人もいます。まだまだ老眼なんてと放置するのではなく、少しでも兆候があれば、念のため検診を受けるようにしましょう。体の不調は、案外老眼の眼精疲労が原因かもしれません。

Copyright© 2019 老眼かなと感じたら【初期症状として起こりやすい目の疲れ】 All Rights Reserved.